初心者向け電子タバコをご紹介

電子タバコの安全性

電子タバコの安全性

電子タバコは、紙巻きタバコに比べて非常に安全性の高いタバコです。

 

厚生労働省では、電子タバコ発売当初から電子タバコの安全性に関する研究が開始されました。電子タバコ発売当初は中国産リキッドが多く出回り、世界各国向けの電子タバコが中国の電子タバコリキッド工場で生産されました。
その結果、ニコチン入りのリキッドとニコチンなしのリキッドの両方が同じ工場で生産されるという事態になり、厚生労働省の検査でも微量のニコチンが検出されたことで電子タバコの安全性が問われるようになりました。

 

電子タバコの安全性を損ないたい理由
この情報は、明らかではありませんが電子タバコの安全性を問うのにはもう一つ理由があります。それは、現在発売されているJTの紙巻きたばこ。いわゆるタバコの存在です。電子タバコの安全性により電子タバコが流通してくるともちろん紙巻きたばこの流通量は減り、それによりタバコ税の収入がなくなってしまいます。
つまり、JT 厚生労働省 こういった機関にとっては、電子タバコは目の上のたんこぶなのです。

 

電子タバコに対抗して、開発されたのが皆さんもご存知のアイコスです。アイコスにはニコチンが含まれていてたばこ税の対象になっています。しかし、なぜかニコチンの表示がされていません。あくまでも電子タバコの部類となってニコチンの表記義務がないとのこと。
また、電子タバコ用のニコチン入りリキッドの国内販売も禁止されています。

 

電子タバコの安全性 そして、ニコチン入りリキッドの国内販売の禁止 ニコチンは有害物質なので国が厳重に管理する という名目なのかわかりませんが、世の中こんなもんです(笑

 

電子タバコのニコチン入りリキッドは、以下のバナーから個人輸入で手に入れることが出来ます。