ケール青汁 おすすめ4選 冷凍ケール青汁やケール100%粉末

高い栄養価を持つケール青汁は、青汁の生みの親『遠藤博士』によって戦中の食糧難の時代に考案されました。濃い味でやや苦味がありますが、毎日元気で健康な毎日を送りたい という方々に今でも根強い人気があります。

ケール青汁おすすめ4選

遠藤青汁 冷凍タイプ

遠藤青汁は、遠藤治郎博士が昭和24年にケールと出会い何年も試作を重ね考案したもので国内初の青汁系飲料です。

今現在でもご子息の遠藤治郎博士が『遠藤青汁友の会』を発足させて青汁普及活動を熱心に行っています。

遠藤青汁では、青汁の栄養を出来るだけ損なわないように特殊冷凍をした生の青汁に限りなく近い冷凍青汁を開発しています。

キューサイ青汁 冷凍タイプ

低酸素、新鮮クリア製法によりケールの甘さをキープ。
5/5 (1)

山本漢方 ケール粉末無添加100%青汁

低価格のケール100%粉末青汁

ヤクルトの国産ケール青汁(粉末)

食物繊維のみ配合で保存料無添加の極力純度を保った青汁

ケールとは

ケールは、アブラナ科の植物です。アブラナ科の植物にはがん予防効果があるといわれています。

ケールは、球にならない緑葉甘藍という名前で850年以上も前に日本にやってきました。その際にはあまり食物としては重要視されていなかったそうです。

その後、玉型甘藍が日本に入ってきて人々にはよく食されてきました。これが現在のキャベツです。

ケールの品種改良も進んでおり苦味が少なく甘いケール(甘ケール)などは家庭菜園用の苗ポットで人気があります。

加熱すると栄養が失われてしまうので、青汁や生サラダで摂取するとよいです。

ケールの栄養

キャベツとケールの栄養を比べてみましょう。

栄養素 ケール キャベツ
ビタミンA 3380 58
ビタミンB2 0.15 0.04
ナイアシン 0.9 0.2
葉酸 120 78
カリウム 420 200
マグネシウム 44 14
食物繊維 3.7 1.8

ビタミン、ミネラル、食物繊維などが非常に豊富でキャベツと比較してもかなり栄養価が高いことが分かります。

ケールの主な効能

・腸内環境改善 便秘改善

・血糖値上昇を防ぐ

・免疫機能向上

野菜不足を補うため、栄養価の高い青汁が欲しい という方にはケール100%青汁をおすすめします。冷凍タイプの青汁は大変高価ですが遠藤青汁は比較的安い部類で28袋4536円となっています。

定期購入ではずっと15%OFFで1ヶ月分(28袋)3856円と健康を買うと思うと非常に安価でおすすめです。